Facebookビジネスマネージャー:広告代理店として広告主のADを取り扱うための準備

IT情報

外資のお客様の日本法人からの依頼で、「自分達ではFacebook広告の運用ができないため、貴社のFacebookビジネスマネージャーで運用をお願いできないか?」と打診があったため、こちらで対応することになりました。

この場合、自社の広告運用でFacebookビジネスマネージャーを使用する場合とは異なる段取りが必要になるため、ここではその方法を記載します。

参考になる情報

この投稿はズバリその方法を記載したもので、分かりやすい内容となっています。

(ありがとうございます。参考にさせていただきました)

Facebook広告を代理店に任せるときの広告アカウントの共有方法 | Webマーケティング担当者の教科書
本記事は、これからFacebook広告を代理店に任せようとされている方、もしくは代理店にお勤めでクライアントの広告アカウントの共有方法がわからない方を対象としています。 -Facebookの公式ヘルプページを見ても正直よ …

ステップとしては、以下の3つで完了です:

1.代理店のビジネスマネージャIDを広告主に伝える
2.広告主のビジネスマネージャに代理店のビジネスマネージャIDをパートナー登録
3.広告アカウントとFacebookアカウントに代理店の担当者の権限を付与

    

1.代理店のビジネスマネージャIDを広告主に伝える

代理店のビジネスマネージャIDをクライアント側に伝えます。

まず代理店側のビジネスマネージャIDの調べ方ですが、
-ビジネスマネージャに登録
-左上のハンバーガーアイコンから「設定」に移動
-ビジネスマネージャ名の隣にある数字がビジネスマネージャIDになります。

画像でいうと、ちょうど赤枠の部分になります。

     

2.広告主のビジネスマネージャに代理店のビジネスマネージャIDをパートナー登録

次に必要なのは、広告主側の設定ですね。以下がそのステップです。

-ビジネスマネージャから「ビジネス設定」へ移動
-左画像の赤枠「パートナーを追加」をクリック
-右画像の赤枠に代理店のビジネスマネージャIDを入力すれば完了です。

   

3.広告アカウントとFacebookアカウントに代理店の担当者の権限を付与

こちらも広告主側での設定で、パートナー登録が完了したら、
次はそれぞれにアセットを割り当てて行きます。(アセットとは権限みたいなもの)

-ビジネス設定のFacebookページタブで「パートナーを割り当てる」から担当者を適切な役割で追加

Facebookページと広告アカウントで同様に設定をします。

以上で共有完了です。

最後に一点、広告アカウントやFacebookページは広告主側のビジネスマネージャで作っておくことを推奨します。

理由は、代理店と契約を解除する時、ページや広告アカウントの持ち主が代理店になってしまい、最悪契約解除できない場合があります。
また、代理店が運用していた期間のデータやページに溜まったいいね!はのちのちビジネスを進めるに当たって、ボディブローのように効いてきます。

そのため、データの持ち主は広告主となるよう、Facebookページと広告アカウントは、広告主側で作成する方が好ましいと考えられます。

    

また「ビジネスマネージャでパートナーにアセットへのアクセス許可を付与する」方法が解説されているコンテンツとして、以下が参考になります。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました